食の鮮度と安全にこだわっている株式会社正大が運営
伊豆諸島直送の地魚と島焼酎を水道橋・笹塚駅近くで楽しめます。

東京の島々の宝物
HOME店舗案内食に対する姿勢企業情報お問い合わせ
沿革
1962年 伊豆諸島である東京都三宅島にて食品小売店『浅沼商店』として創業。本年は、三宅島にて噴火災害が発生している。 浅沼商店設立
1973年 有限会社正大設立。
店舗名を『正大ストア』に変更。同時にSM業態へ移行する。
2000年 三宅島噴火災害により、全島民を対象とした、島外への避難指示が発令される。
それに伴い、事業所は閉鎖を余儀なくされ、無期限の休業状態へ追い込まれることとなる。
三宅島噴火災害により島外非難
2001年5月 伊豆諸島である東京都三宅島にて食品小売店『浅沼商店』として創業。本年は、三宅島にて噴火災害が発生している。 浅沼商店
2002年1月 三宅島住民は島外へ避難中のまま復旧作業が行われる。
地元企業として『三宅島応援ショップせいだい』を三宅老人福祉館にて営業開始。
三宅島応援ショップせいだい
2002年8月 天候不良と火山ガスのため三宅島の復旧作業が難行するなか、復旧作業員専用宿舎内に『せいだい食堂』を委託業務開始。 せいだい食堂
2005年2月 避難指示解除にともない、『三宅島応援ショップせいだい』を閉店し、『正大ストア』として本事業所にて営業再開する。実に5年6ヶ月のあいだ、企業としても避難していた。
正大ストア営業開始
2005年3月 『せいだい食堂』及び『せいだい役場食堂』の運営をはなれ、三宅島にて『郷土料理潮騒』を開店。外食産業へ出店の礎を固めはじめる。 郷土料理潮騒
2006年2月 東京都千代田区に正大ビルが完成。
同年3月より、同ビル内1Fから4Fにて『潮騒水道橋店』を開店。東京の島々をテーマに都内への出店が始まる。
潮騒水道橋店
2006年10月 『せいだい笹塚店』を外食産業に業務転換。装いも新たに伊豆諸島・小笠原諸島の魚貝でにぎるすし店『寿司ダイニング島』開店。 寿司ダイニング島
2009年 『せいだい笹塚店』は『ばんやしおさい』として引き続き展開中。
現在、東京発の食を意識し一貫したテーマで2業種3店を直営しております。プロセスのみえる食でお客様に信頼されながら、日々ご愛顧いただいております。